社長ブログ | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

これからの介護のために~レンタルという手段~

2017年06月29日

いつまでも健康を保って生活していきたいものですが、多くの方々は加齢や病気、事故などの影響で日常生活を自分の力で送ることが困難になり、介護が必要な状態になってしまいます。
高齢社会となっている日本では、平成12年から介護保険が施行されており、65歳以上の要介護認定を受けた方(または40歳以上の特定疾病罹患者で、要介護認定を受けた方)は、介護保険を利用する事ができます。

 

具体的には、介護施設入所やデイサービス、ホームヘルパーや福祉用具貸与などのサービスで保険が適用されることになります。
福祉用具は、ベッド、車いす、手すりなどの大きな商品から、おむつ、介護食器、グローブなどの小さめの商品まで、何千、何万種類と販売されています。大型の福祉用具を利用する場合、短期間ならレンタルが良いでしょう。

 

購入すれば、数万~数十万円かかってしまいますが、介護保険を利用すれば、一割負担となりますので、月々の支払いが数百~1、2千円程度で済ませることができます。

また、購入した際の修理は自己負担になりますが、レンタル品は無償で交換してくれます。
介護保険ではすべての福祉用具が対象ではありませんので、担当のケアマネージャーやお住いの地域包括支援センターに相談するようにしましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護費用を見積もってみよう!

2017年06月22日

介護費用は長期的なことも考え、年金収入などの所得の範囲内に抑えることが重要です。そのためにはサービスを利用する前に見積もりをとり、負担することが出来るかどうかを確認します。介護保険制度における各サービスの利用料は法律で決められているため、利用するサービスによってどの程度の金額が必要になるのかを見積もることができます。

 

 

見積もりを行うためには、介護保険制度に対する専門知識が必要です。要介護認定を受けており、実際にサービス利用を検討する場合にはケアマネージャーに見積もりを頼むことができます。サービスには入所サービスや通所サービス、訪問サービスなどがあり、それぞれ単価が決まっています。

 

 

福祉用具のレンタルや特定福祉用具を購入する場合にはその費用も必要になります。介護保険サービスは限度額の範囲内であれば自己負担1割から2割で利用でき、限度額を超えた場合は全額自己負担となります。

費用を抑えるコツとしては保険の利用限度額を超えないようにすることです。越えない場合は実際の費用の1割から2割の負担となるため、大きく負担を抑えることができます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品の費用を抑えるポイント~初期費用編~

2017年06月15日

介護用品の中には、価格の高いものも多く存在します。そういったものを購入するときの費用も家計を圧迫しがちです。特に購入する際の初期費用については一気にかかってくることになるので負担感が大きくなります。こうした部分を抑えていくポイントについて考えてみましょう。

 

 

まずは必要なものだけ購入するということが重要です。便利そうだと購入した介護用品が実は必要なかったという事もあります。始めに一気に揃えようとするのではなく、実際に必要になってから少しずつ揃えていくようにするのが費用を抑えるコツです。

また、介護用品をレンタルやリースで利用するというのもポイントです。高額なもので使わないものが出てしまうと無駄が大きくなります。

 

 

必要かどうか判断しづらいものは、借りて使ってみるのが良いでしょう。一時期しか使わないものもありますし、使ってみて必要ないものもあるかもしれません。そういったもののために無駄にお金を使う事を避けることができます。

こうした形で介護用品を無駄なく、費用を抑える形でそろえていけるようにしていきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品の費用を抑えるポイント~月々の費用編~

2017年06月08日

・レンタル可能なものはレンタルする
介護に必要な車いすや電動ベッド、ポータブルトイレなどは購入すると費用がかさんでしまいます。

そのため、これらの購入すると高額な介護用品に関しては、レンタルをすることがおススメです。

 

購入してしまうと、万が一破損した場合や介護に必要でなくなった場合、新たな商品を買い替える必要があります。しかし、レンタルであれば必要でなくなればすぐに返却することができますし、新たな商品を気軽に試すこともできます。

 

・必要なものを全て介護専用の商品で揃えない
介護を行うときに、介護専門店で陰部洗浄用ボトルや使い捨ての手袋などを購入すると思いますが、毎日使用するものですので月々の費用がかさんでしまいます。そのため、代用できるものはないか探すようにしましょう。例えば、陰部洗浄用ボトルは100円ショップのソース入れやペットボトルで代用できますし、使い捨ての手袋は業務用の手袋のほうがお得に購入することが可能です。

 

 

・定期的な介護度の見直し
介護度を定期的に見直すことで、利用できるサービスが増えたり、介護にかかる費用を抑えることができる可能性があります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品の費用を抑えるポイント~制度編~

2017年06月01日

介護用品の費用は上手に社会制度を利用することで抑えることが出来ます。もっとも利用しやすいのは介護保険制度です。要介護認定を受けている人であれば、限度額の範囲内で介護用品のレンタルサービスが受けられます。レンタルできるものには、車椅子や特殊寝台、床ずれ防止用具、移動用リフトなどがあります。

 

 

また、移動を補助してくれる歩行器や歩行補助杖などのレンタルも可能です。高額で購入することが難しい介護用品をレンタルすることが出来るので、経済的な負担を大きく軽減することができます。

また、介護保険制度では特定福祉用具というものが定められており、購入価格の1割を負担することで購入することができます。

 

 

特定福祉用具は衛生的に再利用が難しいトイレ用品や入浴用品、特殊尿器などが対象となっており、年間10万円を限度として利用することができます。要介護認定を受けていれば等級に関係なく利用することができます。

介護保険制度以外では、各自治体が独自に行なっているサービスがあります。パンフレットで必要な介護用品が購入できるサービスやおむつ代を一部負担してくれるサービスなどがあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ