社長ブログ | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

介護保険で受けられるサービス 居宅サービス編

2017年08月10日

将来やってくる超高齢化社会では、国民の一人一人がなるべく家庭や地域において、老後の生活を安心して送れるようにしなければなりません。

高齢者を対象とした在宅福祉サービスの充実を図っていくことが、必要になってきます。

 

 

とりわけ介護保険の利用者が自宅に居ながら受けるサービスは、在宅福祉サービスの中核となる事業として、その役割はますます大きくなるものと考えられています。

近年在宅介護サービスは新ゴールドプランの進展に合わせて飛躍的に増大して、また24時間訪問介護サービスの提供など、国民のニーズに合わせたきめ細やかなサービスも展開されつつあります。

 

 

在宅介護サービスを提供している事業主体も多様化して、市町村や社会福祉協議会ばかりでなく市民互助型組織や、民間シルバーサービス事業者や、農業協同組合や生活協同組合など様々な形態の事業主体がそれぞれの特徴を生かして、各地で事業を展開しています。

 

 

介護保険の在宅介護サービスの中では、ホームヘルプサービスが一番多く使われているようです。

また介護保険のサービスの中には、福祉用具貸与や住宅改修も含まれることになっています。住宅の改修は事前に申請して許可があると、介護認定が下りていれば要介護度に関係なく、かかった費用の9割が戻ってきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

そもそも介護保険って?

2017年08月03日

介護保険制度とは厚生労働省が介護保険法に基づいて運営している制度であり、国民全員が40歳になった月から加入し、必要な人が適切な介護サービスを受けられるように支える仕組みのことです。

しかし、介護保険を払っていれば誰でも介護サービスを受けられるわけではありません。

 

 

介護サービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があります。要介護認定は、ケアマネージャーの訪問審査と医師の助言により決定されます。

これにより、一定の基準で介護が必要であると定めることができます。

要介護認定は「要支援」と「要介護」に区分されています。

 

 

要支援とは生活動作をほとんど自分で行うことができ、身の回りの一部に手助けが必要な状態のことであり、要介護1と要介護2に分かれています。

要介護とは身の回りの動作に手助けを必要とする状態であり、介助量により要介護1から要介護5に区分されています。

数字が大きいほど介護度が高いことを表し、要介護5はほとんど寝たきりの状態を言います。

 

 

介護保険で受けることのできる介護サービスは介護度によってサービスの内容が定められているものが多く、自宅で受けるものや通所によるもの、施設入居によるものなどが様々あります。

また、市区町村ごとにサービスの種類や利用の限度などが異なる場合があります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

これからの介護のために~売りたい時~

2017年07月20日

これから介護をすることになったら、介護用のベッドや車いすなどが必要になります。床に物を置いておくと歩くときに障害になりますし、車いすを室内で利用するときは廊下や部屋にも余分なものがあると邪魔になってしまいます。

そこで介護をするきっかけとして、必要のない家具や品物は処分することが必要です。

 

家具や嵩張るものは、粗大ごみとして処分する方法もありますが、まだそれほど汚れておらず使えるようであれば、リサイクルショップに相談してみることをおすすめします。

リサイクルショップでは、価値があると判断したものは有料で業者に引き取りをお願いすることができますし、値段がつかないものでも無料で引き取りをしてもらえる場合があります。

 

粗大ごみとして処分をするときは、自治体が定めた通りに処分をしなければなりませんし、有料になっています。

また粗大ごみとして処分するのは1か月に1回など日時が定められていますから、すぐに処分をしたいと考えても待たなければなりません。

 

指定された場所まで運ばなければならないという手間がありますが、リサイクルショップであれば自宅まで取りに来てくれます。自分で運ぶ手間もなく、連絡をすれば比較的早く取りに来てくれるでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

これからの介護のために~中古販売~

2017年07月13日

家族が介護が必要になった時には、自宅での介護をしていくか施設を頼るようにするかを考えなくてはなりません。本人が自宅での介護をのぞんでいるのであれば、出来るだけ自宅での介護が出来るようにしていく方が、本人のためになるでしょう。

 

しかし介護の知識がない人が自宅で介護をしていこうと思うと、何をどうしていいかわかりませんので、介護疲れをしてしまいやすくなります。介護の負担を少しでも軽くするためには、介護用品をうまく使っていくと、負担を小さくすることが出来ます。

 

介護用品があることによって、介護疲れを軽減できるのであればぜひとも利用したいと思うはずですが、介護用品は高いのが現状です。あまりにも高いとなれば購入をよく検討してからにしなくてはなりませんが、介護用品は新品じゃないとダメなの?ということを考えてみましょう。

 

介護用品は新品ではなくても、中古という選択もあるからです。中古の介護用品だとしても、新品同様に使えるものもたくさんありますので、無理に新品を購入する必要はありません。中古で購入をすれば格安で購入することも可能になりますので、新品にこだわることなく中古という選択も視野に入れて考えてみるといいでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

これからの介護のために~いらなくなった介護用品~

2017年07月06日

介護をしていた家族の介護が必要なくなったり、施設に入所したとなれば、自宅で使用していた介護用品は不要になります。そのまま自宅に保管していたとしても、次に使うのはまた誰かが介護が必要になった時ですので、何年、何十年先になるかはわかりません。いつ使うかもわからない介護用品をいつまでも自宅に置いていても邪魔になるだけですので、処分を検討しましょう。

 

邪魔になった介護用品は買い取り可能ですので、買い取り業者に買い取ってもらうことです。使わない介護用品を買い取ってもらえば、売る方としても収入になりますのでうれしいですし、介護用品を必要としている人も安く購入が出来るので、お得に購入することが出来ます。

 

売る方も買う方も介護用品の買い取りによってみんな幸せになりますので、不要になったものはどんどん買取をしてもらうといいでしょう。これからの日本では、介護が必要になる人が増えていく事になりますので、介護用品を必要としている人もたくさんいるということです。

 

使わないからとまだ使えるものを処分するのであれば、必要としている人に利用してもらうようにすればみんな幸せになりますので、ゴミとして捨てるのではなく、利用してもらえるように買い取りで処分しましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ