2019 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

介護用品レンタル業者が解説!レンタルの仕組みとは?

2019年06月14日

家族に介護が必要になったとき、介護用品をすべて新品で用意する必要はありません。

介護用品レンタルというサービスがあるからです。

買うものとレンタルするものを区別することが、スマートな準備になります。

どのような品物を用意すべきなのかわからないかもしれませんが、心配はありません。

ケアマネージャーに相談すれば、要介護度や個別の体調などを考慮して必要な品物を提案してくれます。

そのあとでレンタルしたい品物をレンタルサービスの業者に問い合わせましょう。

品物を紹介するカタログを送付してくれたり、在庫の有無を伝えてくれたりするはずです。

介護用品レンタルがどのような仕組みになっているかは、サービス業者によって詳細は異なりますが、1ヶ月単位の契約になるのが一般的です。

料金の支払いには介護保険を活用できる場合ができます。

介護保険を活用すれば、実質的な負担額は1割から3割程度に抑えられる可能性があるのでケアマネージャーに確認をとりましょう。

レンタルできる品物は、ベッドやマットレス、車いすなどが中心です。

玄関などに設置する手すりや歩行器もよくある品物です。

これらの品物は、使い始めるときに使用法の説明を受けられたり、マニュアルがついていたりするので安心してください。

また、使用中に故障した場合は交換による対応が行われるのが一般的です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品レンタル業者が教える!レンタルで借りられる種類とは?

2019年06月07日

 

介護用品レンタルで借りられる種類ですが、手すりや車いすとスロープなどがあげられます。

屋内および屋外の安全な歩行をサポートするための用具です。

レンタル業者は、工事を伴わない介護用品を貸し出しています。

手すりは介護を受ける人が、トイレの立ち座りや廊下の歩行、

段差のあるところを昇り降りする際の補助をするための用具です。

手すりの種類としては、トイレの立ち座り時に利用する手すりや、天井と床で固定する突っ張り棒タイプがあります。

ほかにトイレの便座に直接取り付けて立ち座りする際に利用するものもあります。
介護用車いすの種類ですが、簡単なものでは介護される人が手や足で操作することによって方向転換ができ、室内や屋外を自力で走行できます。

介護用の車いすは、自分で操作できない人が使用します。

電動車いすは操作レバーを使うことで自走するタイプのものです。

電動四輪車はハンドルで操作することができるため屋外の歩行に適しています。

車いすには背もたれの調整できるタイプ、リクライニングできるタイプのものがあります。

スロープの種類ですが、折りたたみできる板状のもの、車いすのタイヤの幅と段差に合わせて長さを調整できるものが貸し出されます。

スロープは車いすで外出する際に玄関などに設置し、段差を解消して安全に外出をサポートするために使います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

レンタル介護ベッド返却の流れを教えて!返却方法をご説明します。

2019年07月28日

介護ベッドがあれば、食事のお世話もなくなりますし、ベッドからの落下も防ぎやすくなりますので、介護が必要になった時にはたくさんの人が利用をするようになります。使用している時は弁便利なものですが、介護の必要がなくなった時にはいつまでも家に置いておくわけにもいかないでしょう。

 

レンタルによって介護ベッドを利用していた場合、どの様にして返却をすればいいのでしょうか。使う必要がなくなったのであれば、借りている会社に連絡を入れるようにして、引き取りに来てもらうようにしなくてはなりません。自分で借りている会社まで運ぶ必要はありませんので、電話で連絡を入れるようにし日時などの調整をしていく事です。ある程度は都合を合わせてもらえるようになっているため、お互いが都合がいいタイミングで返却をするようにしましょう。

 

返却をするタイミングによっては、月の途中であったとしても料金が丸々一か月分必要になることもありますので、少しでも無駄がないようにしなくてはなりません。必要がなくなった時には早めに業者に引き取りに来てもらうようにしておけば、たくさんの料金を支払わなくてもすむようになるので、出来るだけ早く連絡を入れるようにして出費を減らさなくてはなりません。返却時には破損をしているか所などがあれば報告をするようにし、どうするべきかを話しておきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護ベッドは買い取り、引き取り、処分のどれがいい?

2019年07月21日

介護が必要になった時に準備することが多いのが介護ベッドです。起き上がりやすい工夫がされているなど、介護を行っている時には必要なものですが、使わない時には場所をとってしまい、そのままおいているということが難しいものでもあります。不要になったものはどのような方法で手放せばよいのでしょうか。

 

最もおすすめの方法が買い取りに出すことです。人気のあるもので状態が良ければ高額になることもあり、他のことにお金を使えるようになります。他の処分方法を考える前にまずは買取が可能かどうか問い合わせてみるとよいでしょう。専門店などであれば対応してもらいやすくなります。

 

別のものに買い替える場合などは、古いものを引き取りしてくれることがあります。処分にお金がかかるようであれば、こうした形で引き取りしてもらう方が有利なこともあります。新しいベッドの購入時に古い物の引き取りも合わせて対応してくれるか問い合わせてみるとよいでしょう。

 

これらの方法が難しければ粗大ごみなどとして処分することになります。処分の仕方は自治体などによって異なりますので、自分の住んでいる場所でどのような対応をしているか調べておくことをお勧めします。
どの方法が良いのかという事はベッドの状態や地域などによって異なりますので、専門店などで相談してみるのが良いでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品を買い取りしてくれるのはどんなとこ?

2019年07月14日

介護の必要がなくなった時には、いつまでも介護用品を家に置いておく必要はありません。介護ベッドや車いすなどは場所を取る物でもありますので、家に置いておくよりも処分をするようにした方がいいでしょう。介護用品は買取をしてくれる業者がありますので、いくらかで買い取ってもらう事が出来れば無駄になりません。

 

介護用品の買い取りをしてくれるのはどういったところかというと、介護用品の販売やレンタルをしている会社などで買い取りをしてくれるようになっていますので、問い合わせをしてみるといいでしょう。どこで買い取りをしているかわからないから、大型ごみとして処分をするのはもったいないといえます。

 

高齢化社会に伴って、自宅で介護をする人も増えてきていますので、そういった人たちの役に立てるようにするためにも、介護用品の処分は買取をしてくれる所に依頼をした方がいいはずです。購入したもののほとんど使用をすることがなかったものや、短期間しか利用していなかった用品は、比較的綺麗な状態で残っているものですので、まだまだ使う事が出来るでしょう。

 

新品を購入するのは費用が高くなりますが、中古品であれば安く手に入れられますので、そういった商品を探している人もたくさんいるはずです。誰かの役に立てるからこそ買い取りによって手放すようにした方がいいといえます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ