2019 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

介護ベッドを処分する際におすすめの方法は?

2019年12月28日

「介護ベッドを処分したい。」
「どのような方法で処分したら良いかわからない。」
介護ベッドをどのように処分したら良いかわからず、困っている方も多いと思います。
そこで今回は、介護ベッドを処分する際におすすめの方法について詳しく解説します。

 

 
□買い取り

買い取りは、処分する際にとてもおすすめの方法です。
主に、まだ使用できる状態が良いものを買い取ってもらえることが多いです。
不要なものをお金に変えられるだけでなく、処分する際に一切手間がかからないのが特徴です。

 

 
□引き取り

引き取りは、買い取りと違って料金が必要な場合があります。
しかし、買い取りと同様に一切手間がかからないといったメリットがあります。
引き取りは、状態が悪く、使用できないもので行われることが多いです。
大きな介護ベッドを処分する際の怪我のリスクもなくせるのでおすすめの方法です。

 

 
□自治体に粗大ゴミとして処分してもらう

自治体に回収してもらうことも有効的な方法です。
しかし、手間がかかってしまうといったデメリットもあります。

 

 
□まとめ

今回は、介護ベッドを処分する際におすすめの方法を解説しました。
どのような方法で介護ベッドを処分しようか迷っている方は今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護ベッドをレンタルするのはどれくらいの代金か?

2019年12月21日

「介護ベッドを借りたいと考えている。」
「介護ベッドを借りる際にかかる代金について詳しく知りたい。」
介護ベッドを購入するか借りるか決められず、困っている方も多いと思います。
そこで今回は、介護ベッドをレンタルする際にかかる代金について紹介します。

 

 
□レンタルにかかる代金

介護ベッドのレンタルにかかる代金は、ベッドの種類によって変わることが多いです。
比較的安く介護ベッドを使用できることが多いです。
利用したい際は、正確な値段を知るためにも業者に相談することをおすすめします。

 

 
□介護ベッドを利用するメリット

*人に優しい

介護ベッドは、介護を必要とする人と介護者の双方に優しい作りになっています。
例えば、ベッドを利用している人がベッドから降りたり、起き上がったりするときの補助を行ってくれます。

 

 
□介護ベッドの選び方

介護ベッドには、たくさんの種類があります。
これらはそれぞれ特徴が違うので、介護を必要とする方の状態に適したものを使用することをおすすめします。

 

 
□まとめ

介護ベッドを借りたいとお考えの際、正しい価格を知るためにも、業者としっかり確認することを心がけましょう。
何かわからないことがあれば、お気軽にお申し付けください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品を手放す際には買い取りがおすすめの理由

2019年12月14日

「不要になった介護用品を処分したいと考えている。」
「介護用品は業者に買い取ってもらえるのかな。」
不要になった介護用品を処分したいとお考えの方で、買い取りについて気になっている方も多いと思います。
買い取りによって得られるメリットも多いです。
そこで今回は、介護用品を手放す際に買い取りがおすすめである理由について解説します。

 

 
□介護用品買い取りがおすすめの理由

 

*不用品をお金に変えられる

介護用品を買い取ってもらう最大のメリットとして、不用品をお金に変えられることが挙げられます。
しかし、買い取ってもらえるのは基本的に今後も使用できる状態が良いものです。
状態が悪くて、使用できないようなものであれば買い取ってもらえません。

 

*処分にかかる負担を減らせる

介護用品を買い取ってもらうことで、処分にかかる負担を減らせます。
ゴミとして処分する場合は、自分で行動する必要がありますが、買い取ってもらえれば、あとは業者に任せておくだけで良いからです。

 

 
□まとめ

今回は、介護用品を手放す際に買い取りがおすすめである理由について解説しました。
不用品であった介護用品をお金に変えられるのは魅力的です。
本記事をきっかけに、介護用品を買い取ってもらうか検討していただけたらと思います。

ページトップへ

介護用品をレンタルする際の費用の目安をご紹介

2019年12月07日

介護用品のレンタル料金は器具や介護認定の度合い、年収によって異なりますが、要介護2以上に指定されている方はすべての品目について保険給付の対象となるため、1割から最高でも3割の自己負担で済みます。基本的に月々の契約となっており、例えば車椅子は安価なタイプなら月2000円から、高価なものは月6000円程度で、自己負担1割の方であれば2000円のタイプは1割負担で月々200円、3割負担でも600円、6000円のタイプはそれぞれ3倍になります。
 
車椅子は本体以外にもクッションなど付属品が必要となり、クッションは1割負担なら50円から100円ほどです。姿勢維持用のパッド等を含めると、車椅子関連一式は1割負担で月々350円から700円程度、3割負担なら1000円から2000円が目安となります。車椅子に関しては、要支援1や2の方も保険給付の対象となりますから、料金に変わりはありません。
 
トイレ用の手すりは月300円から600円、住宅用手すりは形状にもよりますが、概ね200円から400円ほどで、設置箇所分の費用が必要となります。要介護2以上で給付の対象となっている介護用ベッドは、月500円から800円程度が相場で、オーバーテーブルやサイドテーブル、マットレス等の付属品を含めると1500円から2000円ほどです。床ずれ防止用具もレンタルする場合はプラス1000円程度となります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

有限会社モナークケア

住所:千葉県千葉市花見川区長作町708

TEL:0120-079-315

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

要らなくなった介護用品を処分する方法をご紹介

2019年11月28日

介護が必要なくなった時や、介護の状態が変わった時などで、それまで使っていた介護用品が不要になることがあります。その場合には処分するということになりますが、その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
 
まず挙げられるのが、ゴミとして処分するという方法です。自治体などのルールに従って出すことになります。大きなものなどは有料になることもありますし、回収のための予約が必要になることもあるので注意しましょう。予約の状況によっては回収が先の日程になることもあります。また、物によっては回収できないこともあるので、事前に確認しておくことが必要になることもあるのです。
 
ゴミとして出してしまうとそこで物の役割は終わってしまいますが、まだ使えそうなものなどは誰かに使ってもらうという事も可能です。身近に同じものを必要としている方がいれば、個人的に譲るということも出来るでしょう。そういった知り合いがいないという場合には、買取に出すという手もあります。ものによっては中古でも活用できるのでニーズがあり、買取が出来ることもあるのです。物自体が再利用できるという事はもちろん、買取という事で収入にもつながるというメリットがあります。次の介護や別の目的にお金を回すことも出来るのです。このように処分方法には複数の形があることを考えておきたいところです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

有限会社モナークケア

住所:千葉県千葉市花見川区長作町708

TEL:0120-079-315

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ