10月 | 2018 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

介護用品を処分する際にかかる費用の種類について

2018年10月12日

 

不要になってしまった介護用品をどのように処分するか悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
いらなくなった物を無料で回収してくれるような業者は少なく、少なくとも手数料がかかってしまうことがほとんどです。

 

今回は、介護用品を処分する方法と費用についてお話しします。

 

○粗大ゴミで処分する
自治体によって変わってきますが、約100kg以下の介護ベッドやその他の介護用品は粗大ゴミとして扱われます。

 

一般的な粗大ゴミと同じように、廃棄の際には費用がかかってきますので、一度自分の居住する自治体に連絡してみましょう。

 

○不用品回収業者に依頼する
近年では、介護用品を専門的に回収してくれる業者も増えてきています。

電話をするだけで、自宅まで序文する介護用品を取りに来てくれるので、大きなベッドや浴槽を廃棄したい場合は便利ですね。

費用は、処分のための費用の他に、自宅まで取りに来てくれる運搬費もかかってきます。

 

さらに、介護用品廃棄処分費もかかってきます。

多くの業者では無料で費用の見積もりをしてくれるので、一度見積もりを依頼してみても良いでしょう。

 

以上、介護よおう品を処分する方法と費用についてお話ししました。

できるだけ少ない費用で処分できると良いですね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品はレンタルと購入のどちらが良いのか?

2018年10月05日

 

介護用品には介護保険を利用して使用できるものがあります。

その場合、レンタルできる物と購入できる物がありますが、どちらを選べば良いかわからないですよね。

 

そこで今回は、介護用品のレンタルと購入のどちらが良いのかお話しします。

 

○介護保険が使えてレンタルできる介護用品

ほとんどの介護用品をレンタルすることができます。

介護保険を利用すれば、レンタルの場合1割負担での利用料金で使用することができます。

 

○介護保険が使えて購入できる介護用品
衛生上の理由から購入した方が良いと考えられる物は購入の対象になります。

ポータブルトイレや簡易浴槽などが対象物です。

 

購入する場合も、介護保険を使えば1割負担での利用料金で購入することができます。

しかし金額は10万円までと決められており、上限を超えてしまうと、全額負担となってしまいます。

特別な事情がない限り、高額商品はレンタルし、衛生上心理的に避けたい物は購入すると良いでしょう。

 

以上、介護用品のレンタルと購入のどちらが良いのかをお話ししました。

介護保険を利用してレンタルや購入できる対象物は介護保険法で定められています。

事前にケアマネージャーとよく確認してから、購入の判断をするようにしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ