4月 | 2017 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ

喜ばれる移動介護part2

2017年04月27日

移動介護では、お互いの負担軽減のために、相手の重心の動きに注意をすることが必要です。
重心が分かれば、そこを支えるようにすることで、比較的小さな力で相手を支えることが出来るからです。
小さな力で相手を動かすことが出来るので、双方にとって負担が少ない方法ということにもなるでしょう。

 

その際には相手のペースを崩さないようにすることも大切です。
移動している時には、人はリズムを刻んで動くようにしていますから、それを妨げられると不快でもありますし、力も大きなものが必要となります。

 

 

重心を支えるようにすると楽なのは介護をする側もされる側も楽になります。
人が重いのは、この重心から離れたところで何かをしようとする時に大きな力を感じるようになります。
てこの力の原理で重心から離れたところを動かすには、より大きな力が必要となるのです。

 
重心は最も効率よく力を支えることが出来るところですから、ここをまず把握をすることで、安定した介護が出来るようになります。
安定した力で支えられることになるので、介護をされている側は安心することが出来るので喜ばれるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

喜ばれる移動介護part1

2017年04月20日

移動介護従事者とは、視覚障碍者、全身性障碍者の移動介護が出来る外出介護人のことです。
本人が主体的、自律的に生活するための介助なので、本人の意志、自然な動きに合わせて介助を行います。

生活の基本に移動動作は寝返る、起き上がる、立ちあがる、座る、歩く、で、それらの応用が食べる、排泄する、衣類の着脱などです。

 
本人のそれぞれに合わせた介助が必要です。
本人の重心の動きをよくみ、危険を予測します。
本人の尊厳を守って自立を助けていきます。

 
相手の意図に反することをせず、過度に介護しないように注意しながら声かけをしていきます。
自立を促す介助と声かけが喜ばれます。

なんでもしてあげることが自立を促すことにならないのは当然のことでしょう。

 
時間がかかっても、ほんの少しのことでも、今日よりは明日、明日よりは明後日に状況が良くなっていくように、できることが増えていくように、決して幼児のように扱ったりせず、人生の先輩として敬いながら、多くのことを本人から教えてもらうつもりで、接していきましょう。
真心を込めて接して、良い関係が作れれば、介助もスムーズになっていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護中のNGワード

2017年04月13日

介護をしているとどうしても「やってあげている」「してあげている」などの気持ちになってしまうことが多く、ちょっとした声かけや介護によって高齢者を傷つけてしまうことがあります。

 

 

例えば「何でできないの」「遅い」「もう少しがんばって」などついつい言ってしまいそうなこのNGワードは高齢者の自立心を傷つけてしまいますし、「また間違えた」「さっきも同じこと言った」など同じ事を繰り返し聞かれたりされた時に言ってしまいそうなこのNGワードは高齢者のプライドを大きく傷つけてしまいます。

 

こんな風に高齢者の自立心やプライドを傷つけてしまいそうなワードは介護中につい口に出してしまうという人も多いのですが、そこで大切になって来るのが介護をする時の基本姿勢です。
無意識に上から目線の発言をしてしまうことを防ぐためにも大切になってくる介護の基本姿勢のキーワードは、「自立と尊厳」であるとされています。

 
いくら心身が衰えてしまったり認知能力が低下していても、介護をする相手である高齢者は人生の先輩であり1人の人間であるという事を意識する事が大切になっています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

「床置き型手すり」使ってますか?

2017年04月06日

床置き型手すりとは、床に設置するだけで手すりをして使うことができるタイプの介護用品の一つです。

主に家の中で利用することができるのですが、メリットとしては工事が必要がないのですぐに設置する事ができると言う点があります。
しかも設置場所が限定されていないのでベッドの側以外にも自由に設置する事ができるというところがあります。

 
なのでその人の状態に合わせて設置する事ができるので、転倒予防だけではなくてその人が自立して動く事ができるように援助する事ができるというところも大きなメリットになっているのです。

また床置き型手すりは色々なタイプがあるのでどのようなところに設置するのかによって選ぶことができるようになっているほか、その人の立ち上がり方によっておすすめされているタイプが異なっているというところもポイントです。

 
なのできちんと設置場所やその人の動きに合わせたタイプを選択する必要があるという点が注意点として言われています。
そのため床置き型手すりの設置を検討する場合は、実際に利用する人に使ってもらいながら試すなど一緒に選ぶことがおすすめとなっています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページトップへ

介護用品選びのプロが送る社長のお役立ちブログ

千葉のモナークケアでは、社長によるブログを発信しております。介護用品の選び方から、賢いレンタル方法、中古介護ベッドの活用法など、ご自宅で介護をされている方や、こらからの介護に役立つ情報を分かりやすくご案内しております。
介護用品取り扱いのプロとして、車椅子の選び方や介護ベッドの便利な機能のご紹介や使い方、選び方など伝授しております。初めての介護や初めて使うグッズには、戸惑いも多いものです。是非、社長ブログをご活用ください。
社長ブログでは、モナークケアで取り扱うお得な介護用品の情報や、ご不要なった介護ベッド等のお買取りやお引取りに関するご案内、シニアに人気の終活セミナーや相談会のご案内やご報告も掲載しておりますので、是非ご覧ください。

ページの先頭へ