要らなくなった介護用品を処分する方法をご紹介 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 要らなくなった介護用品を処分する方法をご紹介

要らなくなった介護用品を処分する方法をご紹介

介護が必要なくなった時や、介護の状態が変わった時などで、それまで使っていた介護用品が不要になることがあります。その場合には処分するということになりますが、その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
 
まず挙げられるのが、ゴミとして処分するという方法です。自治体などのルールに従って出すことになります。大きなものなどは有料になることもありますし、回収のための予約が必要になることもあるので注意しましょう。予約の状況によっては回収が先の日程になることもあります。また、物によっては回収できないこともあるので、事前に確認しておくことが必要になることもあるのです。
 
ゴミとして出してしまうとそこで物の役割は終わってしまいますが、まだ使えそうなものなどは誰かに使ってもらうという事も可能です。身近に同じものを必要としている方がいれば、個人的に譲るということも出来るでしょう。そういった知り合いがいないという場合には、買取に出すという手もあります。ものによっては中古でも活用できるのでニーズがあり、買取が出来ることもあるのです。物自体が再利用できるという事はもちろん、買取という事で収入にもつながるというメリットがあります。次の介護や別の目的にお金を回すことも出来るのです。このように処分方法には複数の形があることを考えておきたいところです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

有限会社モナークケア

住所:千葉県千葉市花見川区長作町708

TEL:0120-079-315

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭へ