業者が教える!介護用品買取で対象となる物の基準とは? | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 業者が教える!介護用品買取で対象となる物の基準とは?

業者が教える!介護用品買取で対象となる物の基準とは?

高齢化によって介護用品というのは必要不可欠となっています。

しかし、介護ベッドや手すりなどは安いものではありませんので、介護用品レンタルを活用される方が多いとされていますが、介護保険にてレンタルが出来ない場合には購入される方も多いのではないでしょうか。

購入したものの合わなかったり、必要ではなくなったときに介護用品を買取りとってもらうことを考える方も多いかもしれませんが、買取りが可能なものと不可能であるものがあります。

ベッドや車椅子などの介護用品は比較的買取りを強化している傾向にありますが、入浴に使われていたり排泄に使用していたものは買取り対象外となることが多いとされています。

排泄に使われていたポータブルトイレなどはレンタルなどでも活用されていますが、買い取りに関しては対象外にされる傾向にあります。

基準となるのは使い回しをすることができるか否かです。

買い取られた介護用品は、介護用品レンタルで活用されることが多いため、レンタルとして需要が高いものが求められます。

シルバーカーや歩行器などは需要が高いですが、尿瓶などはなかなか中古では抵抗がある場合も多いため、買取りにおいても需要がないと見なされてしまう可能性が高いため、買取り不可とされていることがあるということを視野に入れておくことが大切です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭へ