介護用品の処分はどうすべき?ケアマネージャーに便利な介護用品の知識 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 介護用品の処分はどうすべき?ケアマネージャーに便利な介護用品の知識

介護用品の処分はどうすべき?ケアマネージャーに便利な介護用品の知識

一口に介護用品と言っても、様々な種類があります。

大きく分けると寝台や車いす歩行器や手すりなどです。

 

時代の変化にともなって、介護用品も大きく進化しています。

高齢者や要介護者が使いやすくなっており、日々新しい製品が開発されているわけです。

 

昔は機能性重視で、デザインまでは考慮されていませんでした。

それが今では、車いす一つとってもオシャレなデザインのタイプがあります。

温かみのある色を使うことで、気分的にも調子が良くなると言えます。

 

使わなくなった介護用品に関しては、自分では処分できないケースもあります。

そのような場合には専用の買取サービスを利用するのが良いと言えます。

 

車いす以外にも、補聴器や歩行器などが買い取りの対象となります。

大きいものでは、電動のシルバーカーを買い取る業者もあります。

 

介護ベッドなどの大物は、粗大ゴミとして出すと処分費用がかかります。

一方買取に出せば無料になるどころか、相当な金額が入ってきます。

 

介護用品の買い取りでは、買取できるものと出来ないものがあります。

一般的なリサイクルセンターでは取り扱いがないので、専門の買取業者に依頼する必要があります。

業者が近くに見つからない場合は、介護用品レンタル店に相談するのが適切です。

 

専門業者であっても、古いものや壊れているものは買取対象となりません。

但し処分だけなら、格安で引き取ってもらえることもあります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭へ