脳死、臓器移植について考えさせられました。 | 介護用品の買取り(中古の介護ベッド)や引き取り、終活のご案内は千葉県花見区のモナークケア

社長ブログ

ホーム > 社長ブログ > 脳死、臓器移植について考えさせられました。

脳死、臓器移植について考えさせられました。

私は、ここ数年”読書”がすっかり趣味になりました。

 

特に、東野圭吾さんの作品は大好きで、彼の出している作品の90%は

読了していると思います。

つい先日、彼の最新作品が発売されました。

 

image1

 

人魚の眠る家 というタイトル。

 

幼い少女が、水の事故により脳死状態になる。

そこから始まる、我が国の脳死判定の現状、臓器移植の現実、

グレーゾーンの多い法律や基準の中で、悩み苦しむ家族の心情。

そして、狂気とも感じられるほどの母親の愛、そして決断。

 

とても切なく悲しくて、度々”自分だったらどうするだろう?”と

考えさせられる作品でありました。

 

実はちょうど少し前に、家族でそんな話をしていた。

夕食のときに、私の娘たちと献血の話題から始まり、

臓器移植のこと、脳死のこと、臓器提供の意思表示のことを

話していました。

 

私は、自分が死んだとき、もし使えるものならば、

すべての臓器や器官を提供してほしいと思っている。

そして、それを明確に意思表示し、カードも携帯している。

 

でも、大人はともかく、まだ小学生程度の子供には、

臓器提供の意思表示などといったことは、むつかしい。

 

その際は、親が子供に代わって決断しなくてはいけないし、

日本の現状では、脳死判定もあいまい、延命治療の継続についても

その時その時の家族の判断に任せられるのだそうです。

 

作品の中で、脳死となった子供が、元気だったころの

回想シーンがあり、四葉のクローバーを見つけたその子が、

母親から”四葉のクローバーを持っていると幸せになれるのよ。”

と言われたことに対し、

 

”私は十分幸せだから、ほかの子のためにそのまま残しておくわ”

 

と言ったエピソードが紹介される。

 

 

凝ったトリックや、人間の裏面や真相を描くことの多い

東野圭吾さんの作品の中で、

今回の作品は、変化球のない、ストレート勝負だった。

でも、そのストレートは、とても重たい球質だったな。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
有限会社モナークケア
住所:千葉県千葉市花見川区長作町708
TEL:0120-079-315
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ページの先頭へ